書籍 経済的自由

【No.5】『金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法』

投稿日:

改訂版 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 (単行本)

『金持ち父さんの若くして引退する方法』を読む目的

金持ち側のマインドを学ぶため

学びと気づき

■レバレッジの考え
さらにより少ないもので,さらにより多くをすることを意識


■自分の頭の中の現実を拡げる能力が必要
自分の頭の中の現実に無いものは現実にならない.
初めから「自分にはできない」「リスクが高い」「危険すぎる」と思考停止をしていては道は閉ざしたままだ.

「どうしたら出来るのだろうか?」と考えれば案外道は開けるかもしれない.ライト兄弟は「どうしたら空を飛べることが出来るだろうか?」と考えて諦めなかった結果,飛行機を創り出した.

いかに自分の頭の中の現実を拡げられるかが肝心.


■リスクだけを見ずに期待値を見る
10回のうち9回は失敗するが,1回の成功が9回の失敗が霞むほど大きなものであればそれはやる価値はある.


■勝者は失敗を含む勝利の方程式を持っている
勝者のプランは失敗を織り込んだプランを考える.一方で,敗者は人生のプランに失敗を含めていない.
→私自身,重要度の高いことに関しては失敗を含めたプランを描くが,その失敗の想定が甘いと読んでいて気付いた.想定が甘いのは,想定時に根拠が無い状態で設定するからだ.本業においてプランを立てることが多いので,「その根拠は何なのか?」と都度意識していこうと思う.

■たくさんのカエルにキスをしよう
不動産や株を購入するときは購入する以外の物件や銘柄を100個は見よう.良し悪しは比較しないと分からない.5つぐらい見ただけで良しと判断せず,100個ぐらい見るぐらいの気持ちを持つ.
→出来ていない.意識する.

ネクストアクション

自分の現実を拡張する
・こんな人生を歩みたいと思う人に会って話を聞いたり本を読む
・どうしたら出来るかと考えることを本業でも意識して習慣化を目指す
・思考停止で否定は決してしない

メモ

失敗するのを避け,百発百中で勝つことを期待するごく普通の人達は,敗者の戦略を持っている場合が多い.一度も失敗せずに常に勝つことを期待するのは,敗者の「現実」だ.金持ち父さんが言ったように,「勝利の戦略には失敗が含まれていなければいけない」.今,たいていの人が立てている引退後に備えたリタイアメント・プランには負ける可能性が含まれていない.たいていの人は,株価が常に上がり,引退後は,自分が生きている限り,それまでのたくわえが必要を満たしてくれると単純に期待している.これは失敗を考えに入れていないプランだ.だから,敗者のプランなのだ.勝者はどんな計画でも失敗を考えに入れていないといけないことを知っている.

P.81

金持ち父さんは話をつづけた.「私たちは同じことをしているが,異なる考え方をもとに活動している.私は金持ちの考え方をもとに活動し,君のご両親は中流の人の考え方をもとに活動している」
 「あなたがいつも『自分が現実だと思うものが現実だ』というのはそれだからなんですね」~省略~
 金持ち父さんはうなづいて話をつづけた.「で,君の両親は投資が危険だと思っているから,お金を損した人,あるいはもう少しで損しそうになった人などの例ばかりが目に入る.二人の持っている現実が,それ以外の現実を見えなくしているんだ.二人は自分たちが現実だと思っているものを見る.たとえそれが本当の現実というわけでなくてもね」
 「同じように,仕事による安全を求めるのが賢いことだと思っている人は,なぜそれが賢いのか,なぜビジネスを立ち上げるのが危険なのか,その理由を強化するような例を見つける.人は自分が信じたいと思っている現実を正当化しようとするんだ」マイクがそう付け加えた.

P.101

「世の中には,今あるものをそのまま見て,『なぜ?』という人がいる.私はこれまで存在しなかったものを夢に見て,こういう.『なぜそうなってはいけないんだ?』」

P.134

 今世界で起こりつつあることの最前線にいない人は,過去にいると思っていい.
 過去にいる人は,することも,投資の対象も過去のものになりがちだ.過ぎ去った時代の投資は,あなたを金持ちにするどころか,値下がりしてあなたの足をひっぱる.このような過去の投資を買う理由の一つは,その人自身が過去から抜け出せないでいることだ.
 若くして豊かに引退したい人は,すでに起こったことではなく,「これから起こること」に投資をする必要がある.

P.153
改訂版 金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法 (単行本)

-書籍, 経済的自由

Copyright© NORI BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.